ビルメンになってみて・・・

ビルメンになって少し経つのだが、正直なところ後悔もある。

ビルメンの何が嫌ということも無いのだが、慣れていた仕事から違う仕事になれば、それなりに嫌なことがたくさんある。まぁダントツは人間関係であるw新しい職場になって新たに人間関係を構築するというのは一苦労どころか万苦労である。

それ以外では、新しく覚えることが多いということ。いくら資格取得を取得しても、いざ実物を見ると分からないことだらけである。

その他諸々あるが、結局のところビルメンという仕事うんぬんではなく、職場が変わるというストレスにやられて精神的に疲れて若干後悔しているというところです。

仕事内容はというとネットで書かれているとおり、はじめは巡回からです。巡回ももちろん先輩に付き添って、ルートや注意しなければいけない点などを教えてもらいながらになります。

あとは電球交換ですね。よく言われているやつですwあとビルメンでよくある仕事といえばトイレの詰まりだと思います。

ネットではビルメンといえば、トイレの詰まりを直すのがメインぐらいの勢いで書かれていることも多いですが、2週間経ってもトイレの詰まりを直すという仕事はしていません。

トイレの詰まりが偶然起きていないのか、簡単なトイレの詰まりは清掃さんが直してくれていて、ビルメンがやるのは便器を外さないといけないレベルの詰まりじゃないと回ってこないのかは分かりませんが、今のところトイレの詰まりに巡り会ってはいません。

私が配属された現場はオフィスビルではないので、他にもオフィスビルには無いような仕事も有りますが、早いところそれなりに使えるやつになりたいものですね。

慣れない仕事を覚えながら資格の勉強をするのは大変ですが、少しでも給料が増えるように早いところ電験三種に合格したいものです。その前に電工に合格しなければいけませんが・・・w

スポンサーリンク

シェアする

フォローする