30歳過ぎてからの正規雇用…

30歳を過ぎると途端に正規で雇ってもらえる仕事は少なくなる。

もちろん今まで正社員として働いてきて、その培ってきた経験を生かせる職種に転職するならともかく、全く未経験の職種になると難しい。

それどころか今まで非正規ニートとして過ごしてきて、正社員経験がない30代正規雇用で雇ってもらえる仕事などあるのだろうか…?

そう思ったのは少し前のことなのだが、色々調べてみた結果…仕事を選ばなければ無いということもないっぽい。

結果としては・・・

  • 営業
  • 介護
  • 飲食や小売
  • ビルメン
  • タクシー運転手
  • IT土方

といったところである。

まぁ言ってしまえば、キツかったり給料が安かったりと皆がやりたくない仕事なのだと思う。

下手したら派遣や契約社員といった非正規よりも給料が安くなる可能性もあるし、正規になって働き続けたからといって昇給する補償もない。

だったら今のまま非正規でいいや…という人もいると思うが、周りの人から見たらすでに遅くても30代の今を逃して10年後にやっぱり正規になりたいと思っても、今よりもさらに無理だろう。

しかし今のうちに正規になって、10年後にやっぱり非正規の方が気楽でいいやと思っても、正規から非正規になるのなんて容易である。

つまり何歳になろうと、やるなら常に『今』なのだと思う。

仮に明日やろうと思っても、明日やるときには明日の『今』なのである。

スポンサーリンク

私はキツイ仕事だろうと給料が安かろうと、とりあえず正規雇用になれるならいいかなとも思う。

そりゃあ、もちろんキツくないほうがいいし給料が高い方がいいとは思うが、私自身が一番欲しているのは正規という肩書きなのだと思う。

給料や仕事のキツさは正規雇用になってから考えればいいだろう。

非正規でいくら頑張っても給料が上がるなどの希望の光はゼロだが、正規ならその後努力しだいでステップアップできる可能性も一縷の望み程度だがあるだろう。
(私は契約社員にありがちな正社員登用は、オレオレ詐欺よりも悪質な『なれるなれる詐欺』だと思っているwもちろん本当に正社員登用しているところもあるだろうが、2年でなれないなら無いのと一緒だろう。)

今まで非正規だった30代の私が正規で雇ってもらったとしたら、その後は転職することはできても職種を変えるということはできないだろう。つまり何の仕事をして生きていくかという意味でファイナルジャッジメントである。

この決断にミスは許されない(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする