ビルメンまとめ①『ビルメンって何・・・?』

ビルメンまとめ
スポンサーリンク

早いもので私がビルメンというものになってから1年と半年の月日が経ちました。そこで僅か一年半ですがビルメンとしてやってきた私が少しでも皆さんの参考にでもなればとビルメンについて少しずつまとめていきたいと思います。

たった一年半でビルメンを語るなよというベテランのビルメンの方もいらっしゃると思いますが、いざビルメンになってみて自分には合わなかったと思って辞職するには、一年半で気づくことぐらいが私はちょうどいいのではないのかとも考えます。あまりビルメンに長居すると感覚も麻痺してくると思いますのでw

私とビルメン

私のように正規雇用されたことも無く30代を迎えてしまった人や、今まで転職等を繰り返しどの職業も合わなかった人など色々な方がいると思いますが、『30代 正規雇用』『コミュ障 職種』『楽な仕事』こういったようなワードで検索してビルメンというものを知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに私もそのクチです
私はビルや施設にはそういった職種の方々がいるというのは知っていましたが、その方たちをビルメンと呼ぶ事や仕事内容などは詳しく知りませんでした。

ビルメンって何?

ビルメンには三種類有ります。『設備警備清掃』です。どれも薄給ですwそんな薄給の中でではありますが、この中で比較的マトモな給料が貰えるのが『設備』のビルメンになります。
設備以外のビルメンが100%給料が安いわけではありません。警備だとしても他の警備員を統括するぐらいのポジションまでいけば給料もある程度はもらえると思いますがそんなのは一握りです。
設備のビルメンは他の二つに比べれば給与の上げる基準などが明確になっているように思います。
それから巷やネットではビルメンといえば設備のビルメンを指します。つまりビルメン=設備員となります。

設備員ってどんな仕事?

設備員とはビルの設備に関しての仕事をします。

電気関係・空調関係・衛生関係・建築関係など様々な設備の管理及び維持が主たる仕事になります。
このように記載すると凄く難しそうな仕事内容に思えますが、実際は簡易的な業務しか行なわないと思って下さって大丈夫です。手に負えないような不具合が起きた場合にはお客様への説明と業者の手配が出来れば何の問題もありません。

まとめ・・・

ビルメン = 設備員
ビルメン = 難しい仕事ではないw

コメント

タイトルとURLをコピーしました