北海道ならではのビルメン事情

ビルメン備忘録
スポンサーリンク

2年位前にですが北海道のビルメンの給料事情という記事を書きました。
今回は給料の話ではありません。今回は少しマジメに北海道ならではのビルメンの仕事内容について書きたいと思います。とは言っても私はビルメン歴も大したことはないので浅めの内容になってしまうかもしれません。

まず間違いなく東京や大阪などと違うのはでしょう。
東京などの事情は分かりませんが北海道では水道管が凍結しそうな日には水落しを行ないます。もし、これを行なわないと次の日に大惨事になります。

水が出ないくらいなら可愛いもんです。水道管の破裂、さらにはフロアや商品が水浸しって事もありえます。分電盤に水が掛かっていたなんてことになったら損害額はいくらになるか考えただけでも恐ろしいです。

幸いにも私のいる現場では今のところ水道管の凍結といった事例は起きていません。しかし他の現場では水道管が破裂しただのという話はチラホラ聞きます。

それから北国の冬はが降ります。雪が降ると雪庇や氷柱などが軒先にでき、通行人がその下を通ろうとした時に落下でもしたものなら死者が出る可能性もあります。そのような時には一次対応としてカラーコーン等によって通行止めとします。その雪庇や氷柱が落とせそうな場所にある場合には二次対応として軒先の下の安全を確保し落とすといった作業を行ないます。また、そのような状況にならないように軒先にテープヒーターが付いている現場もあったりします。

雪が降るためロードヒーティングもあります。電気のロードヒーティングもあれば、蒸気にて熱交換を行って温水をつくりポンプにて循環させるものもあります。
雪があまりに多く降った場合には除雪した雪を置く場所も無いため、融雪用の槽があったりもします。中に雪を捨てて温水にて処理していくといったものです。

また、冬は気温がかなり下がる為、ペリメーターヒーターの管理もかなり重要になってきます。ペリメーターヒーターに不具合があればあっという間に窓は結露してしまい、結露受けでは受けきれないほどの結露水となり漏水が起きてしまいます。

さらには外の気温が低すぎて、外調機の外気の吸気温度が低いことによるエラーが出たりもします
ロードヒーティングやペリメーターヒーター、施設内の暖房を支えるのがボイラーになります。私の現場では炉筒煙管のボイラーを使用しているのですが、東京や大阪の方ではどうなのでしょう?夏にはかなり暑くなるのを冷房するために、蒸気が必要でボイラーも凄いものがあったりするのでしょうか?

他にも北海道の冬ならではのビルメン作業があるはずですが、思いつかないのでこの辺にしておきます。

とにかく私は冬が嫌いです。だって外の球替えするのですら寒いんですもの(笑)なのに私の勤めている会社には寒冷地手当や燃料手当といったものが無いのです。冬は自宅での暖房にかかる経費もバカになりません。給料の安いビルメンにとって北海道の冬はきつい事だらけです。ただでさえ寒い懐事情は冬になるとより一層寒くなってしまうのです・・・w

コメント

タイトルとURLをコピーしました