当たり前だが人生は生きることと見つけたり(笑)

雑記
スポンサーリンク

最近の日本は景気が良くなっていると謳ってはいるが、実際のところは相当不安定な土台の上で成り立っていると思う。

大企業といえど買収されたり、事業の一部を切り離したりと何が起こるかは分からない。それが中小や零細企業ならなおさら、いつ潰れてもおかしくは無いだろう。

そういった中でネットや本などの記事では、時代は変わりつつあり自分の力で収入を得ることを推奨するような記事をチラホラ見かける。

もちろんそれを間違っているとは思わないが、いざ自分の力で収入を得ようとしても並大抵の人にはハードルがかなり高いだろう。

そうなれば今の時代は正社員でも何があるかは分からないと言いつつも、会社に属して正社員として働くのが一番だと思う。

非正規の私からすれば、それ以上など望まないし、望むことなど無いだろう。

よくレールに乗っただけの人生なんてつまらないとか、自分の人生なんだからとか、人生は一度きりだとかで、自分の人生を特別なものにしたがるが、たとえそれがレールに乗ってようが、ある程度親に決められてきた人生だったとしても、それが自分の歩んできた人生なのだからすでに特別なものになっているだろう

仮に日本で常に偏差値50程度の人生を歩んできたら、自分の人生平凡でつまらなかったと思う人もいるかもしれない。しかし、日本という国で平凡な暮らしをしているのを、基準を世界にしてみれば相当な偏差値の高さになるだろう。

人間向上心は大事だが、夢を見すぎたり高望みをする必要はないと私は思う。

自分と同じ人生を歩んできた人など一人もいない。

自分には平凡な暮らしすらないという人も、生活が苦しくて不幸だと思っても、未来に希望が何一つ持てなかったとしても、それらが原因で死にたいと思っていたとしても、その経験した全てが自分だけのものであり特別なものではないだろうか。

現状を変えたくてあがいたとしても、本当に現状が変わるのかどうか不安な人もいるだろう。私自身も同様である。

しかし仮にあがいた事が無駄になったとしても、あがいたこと自体が自分の人生であり、特別だったといえるだろう。

結局のところ人生というものは、そもそもが特別なのである。

私も生きる意味が欲しいと思うことはあるが、もしかしたら人生に意味なんて無いのかもしれない。

『今日一日暇だから何しようかな~』ぐらいのノリで、死ぬまで暇だからなにしようかなぁ~と生きればいいだろう。

人生に普通も特別も無い。人生とは文字通り、人が生きていくということだけだろう。

とりあえず生きていけばいいのである。生きねば・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました