二冷 自己採点結果

先日、二冷の試験を受けてきたわけですが、試験日翌日に高圧ガス保安協会で公表される問題と答えを見て自己採点してみました。

結果から言えば・・・合格!だと思います。

自己採点では全20問中16点でした。

マークシートの書き間違いなどがなければ合格しているはずです。

今回受験する前はネットで三冷の法令と二冷の法令の難易度はあまり変わらないという情報を見たりしていたのですが、正直なところ半信半疑でした。

高圧ガス保安協会で公表される三冷と二冷の問題を比べると情報通りあまり難易度に差は無いように思います。

つまり、三冷に合格する人は二冷の法令はすでに合格ラインに達しているということになります。

私は二冷からの受験ですが、今回三冷を受けて、次に二冷を受ける方は法令以外が勝負ということになります。

私は講習を受けて検定試験合格で、本試験では法令のみの受験なので楽だった印象ですが、いざ二冷の保安管理技術と学識の問題を見てみるとさっぱり解りませんw検定試験合格での科目免除には感謝ですw

スポンサーリンク

来年に二冷を受験しようという方には講習を受けることをオススメします。少しばかりお金は掛かってしまいますが、それだけの価値はあると思います。正直なところ三冷の問題すらも解りませんw

科目免除して合格するのも、しないで合格するのも、資格取得してしまえば何も変わりはありません。

なんなら科目免除で合格しても、他の人には本試験での一発合格と嘘をついてもばれることはありません(笑)

もちろん、講習を受講するかは本人の自由ですから講習を受けろとは言いませんが、楽に資格を取得できるに越したことはないと思います。

ちなみに今回、二冷の法令のみの勉強時間に関しては合計で20時間弱くらいだと思います。

勉強方法に関しては参考書を読んでいただけです。
こちらになります。

検定試験の時の記事でも紹介しましたが、こちらの三冷用の参考書の法令部分だけでも、二冷の法令の合格ラインには十分に届くようにも思います。

講習を受けての検定試験合格からの二冷の法令という流れでの二冷取得の方が、講習なしでの三冷取得よりもはるかに簡単のように思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする