待機児童問題ってそんなに重要?

雑記

最近世間で問題になっていて、政治家も問題解決に力をいれ、メディアも大きく取り上げることが多くなっている待機児童問題。興味が無い人でも言葉自体は聞いたことがあるのではないだろうか。

待機児童とは簡単にいえば希望しても認可保育所などに入れない児童のことである。その待機児童がたくさんいるっていうのが待機児童問題である。

しかし、この待機児童問題ってそんなに重要?と私は思ってしまう。

そもそも児童自体は保育所に入りたいという自己意志は無いだろうし、むしろ親と一緒に居たいというのが子供の気持ちだと思う。よって保育所の空きを待機しているのは親なのだから、待機児童問題ではなく待機保護者問題というのが正しいだろう。

屁理屈は置いといて本題に戻りますw

money_001

実際のところ子供だけではなく、親自体も保育所に預けるのではなく最低でも物心の付く3歳くらいまでは自分の手で育てたいであろう。しかし、経済的問題により共働きをしなくちゃいけない家庭が多いのが今の日本の現状だ。

そういったこともあり、今の日本では待機児童問題の解消に保育所を増やしたり、保育士の確保に力を入れている。

でも、私は思うことがある。少子化が進んでるのに待機児童は増加していく。もちろん理由は経済面の問題だ。

しかし、私は政治家達に言いたい。

少子化進んでるんだから、放っておけば勝手に待機児童問題なんて解決するよって。

保育所を増やしたところで、少子化が進んで待機児童問題が解決したら、同時に進んでいる高齢化によって保育所が高齢者介護施設になるだけだ。政治家が本気で日本のことを考えているなら、待機児童問題よりも少子化対策に力を入れるべきである。

baby_001

待機児童問題が解決しても少子化が解消されるわけではない。

それは、今の日本では保育所に入れられないから子供を生む夫婦が減って出生率が下がっているのではなく、そもそも有配偶者だけでの出生率は昔から変わってはいない。

ようするに結婚すれば子供が欲しいというのは今も昔も変わらないのだ。すなわち今の日本では未婚率の高さが出生率を引き下げている。

もちろん未婚率の高さの原因は経済的問題なのは言うまでもない。

つまり今の日本では、経済面での問題が解決されれば既婚率が上がり、出生率も上がり、少子化は止まるだろう。

今現在、待機児童問題の真っ只中の人達も経済面での問題が解決すれば、保育所に入れなくてもいいかもしれないので、待機児童問題も解決するかもしれない。

仮に出生率が上がって待機児童が増えてしまったら、それは日本という国にとって嬉しい悲鳴といえるのではないだろうか。

つまり、今の日本は待機児童問題なんて放っておいて、結婚自体ができない水準でしか生活できていないもいる格差社会を是正する経済政策一本に絞ってやっていけばいいのではないかと思う。

マジメな意見はここまでにして・・・

angry_001

私の腐った意見としては『待機児童問題』なんて心底どうでもいい!

そもそも、上流階級は一馬力でも生活が成り立って夫婦のどちらかが育児をできるし、そうでなくてもベビーシッターを雇うだけの余裕があるだろうから待機児童問題とは無縁だ。

私のような非正規といった低所得者の底辺連中は、ほとんどが未婚なので待機児童問題なんて1ミリも関係ない。
つまり、待機児童問題とは結婚していて子供もいて、でもそれなりの生活がしたいから働きにも出たいといった、ヒエラルキーの中間層にいるヤツらのワガママとしか思えない。

よって待機児童問題は一部の人間の欲望であって、大した重要ではない!

結婚しているという幸せの中の、さらに子供に恵まれるという幸せの中でしか存在しない待機児童問題・・・私もそんな幸せな問題で頭を悩ませてみたいものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました